ケアサポート谷中 > さんぽ道

さんぽ道

さんぽ道の特徴

さんぽ道は一人ひとりの能力を活かし認知機能・身体機能の維持向上をめざします。

少人数制と選択性

さんぽ道は定員10名の少人数制となっております。そのため、職員やご利用者様とのコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。また、運動や学習療法以外の時間については、ご自身で行いたいものを決めて頂く選択プログラムを取り入れています。

いつまでも元気に住み慣れたご自宅で生活を続けていくためには、「今、出来ている事」を続けていく必要があります。さんぽ道では、それを継続出来るよう「自分で考える。自分で決める。自分で行動する。」といった自己決定力や自主性を尊重し、支援しています。

高周波機器

身体の芯から温まる

高周波の放つ電気エネルギーで、細胞を活性化させます。
高周波で細胞を活性化させることで、血流が良くなり、基礎体温が上がることも期待できます。継続して行うことで、より効果が得られます。

  • 体内に電気エネルギーを流すため、ステント、脳内クリップ、ペースメーカー等の医療電子機器をご使用の方は、安全のためご使用頂けません。

自重運動の実施

身体を支える筋力をつける!

自重運動とは、自分の体重を負荷にして行う運動のことです。歩くためには、自分の体重を自分の足で支える筋力が必要です。
一つの動作でたくさんの筋肉を使用するため、日常生活で必要な筋肉を鍛えることが出来ます。座ったままでの運動もあり、身体に負担のない運動を行うことができます。さんぽ道は少人数制なので、2~3人に1人必ず職員が見守りや介助に付くことで、安全で正しい運動を実施することが出来ます。

学習療法の実施

学習療法は認知症の予防・改善する効果が科学的に証明された唯一の非薬物療法です。職員全員が研修を受けており、在宅生活に必要な認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの維持・改善を図ります。「笑顔」を大切にし、「自分らしさ」を取り戻すことができます。
(申込制 教材費:月2,500円)

さんぽ道の1日

1ご自宅にお迎え

2バイタルチェック・水分補給

3準備運動【座位】

4自重運動【立位と座位】

5バイタルチェック・水分補給

6選択プログラム

7バイタルチェック・水分補給

8ご自宅にお送り

施設概要

利用定員 午前の部 10名
午後の部 10名
時間 【3時間15分】
午前の部 9時~12時15分
午後の部 13時45分~17時
休業日 土曜日午後
日曜日
12月30日~1月3日

詳しい案内図はこちら

案内図

見学随時受け付けています。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3629-3755

受付時間 : 09:00~18:00(月~金)
営業時間 : 07:00~19:00(年中無休)
※時間外応相談